YOYO COLLECTION

ヨーヨーパフォーマーでありヨーヨーコレクターでもある金子隆也によるヨーヨーコレクション 


コメントする

エクリプス

新しい金型こそないものの、テクニックのタイガーシャークのパーツチェンジし続けて、色々なヨーヨーを出していたスピンタスティクス

スピンタスティクス エクリプス

このヨーヨーは、タイガーシャークボディーをベースに色々なパーツで構成されているヨーヨーです。

見た目はこんな感じです。若干持った感じ丸いかんじです。キャップとウエイトパーツが分けられます。

キャップ部分にナットが埋め込まれてる珍しいものです。

タイガーシャークボディーなので、タイガーシャークのウエイトや、マンタレイのウエイト、トーチ回路などをさらに足していけます。恐らく全マシしたら相当重いしブレると思われます。

軸は専用軸で、ジャム小径サイズのベアリングが搭載されています。

このヨーヨーは、ヨーヨーの成長期ならではの色々な思考錯誤が見えてとても楽しいヨーヨーです。使い心地も良いです。

このヨーヨーは、世界大会モデル、スローモンキーと同じ猿の書いたヨーヨー、インフィモデル、川田ユウモデルなども存在します。

ヨーヨーご購入は下記へどうぞ。

ご依頼など、常時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

☆ホームページはこちら☆↓

ホームページ

http:www.yoyo-performer.com

PCメール

info@yoyo-performer.com

☆ツイッターやってます☆

https://twitter.com/

→「@ryuyakaneko」で検索!

広告


コメントする

フリーハンド2

フリーハンド1の金型が壊れてもう作れないらしい。。って話になりフリーハンド2なるものが出ると。色々期待を胸に膨らませ販売されたのが、2002年の世界大会でした。フリーハンド2

あれ?フリーハンド1と形が違うし。。

果たしてコレは??とか思いつつもでもねーいうて、フリーハンドって名前だしと思って、販売されてすぐ購入!!

まぁ、見てわかるほど違うし色々あります。

最終的な結果はまぁコレはコレで落ち着きます。

まずフリーハンドがどうして?この形になったと考えられるか。

まず2000年初頭にプロヨーがダンカンに会社を売却します。

ここからプロヨーダンカンが始まります。

なのでそのテクノロージーを、使ってこのヨーヨーを作ったのは確かだと思います。ボディーに入っている線などを見れば一目瞭然。

金型があってそれを少し変えたとか、図面があってレスポンス部分を変えれば直ぐに生産に取りかかれたなど考えれば考えるほど色々思いついて面白いです。

恐らく当時ダンカンに当時近かった人に聞けば理由はすぐ分かると思いますが。

このヨーヨーすごいバリエーションがあります。

まずこれ、あえて最初の一前目の写真は黄ばんでるモノをのせて、キャップも無しの状態をのせました。色々理由があります。このヨーヨーのアップデートされた部分を、色々書きます。

・素材がABSからポリカに変わります。ABSは経年劣化していくとこんな感じで黄ばみます。日本でおなじみのコカコーララッセルヨーヨーのスーパーは、ABSなので同じような黄ばみかたします。

・ベアリング部分のスペーサーが変わります。最初はプロヨーのバンブルビーに入っているあのスペーサーとOリングの組み合わせで入っていますが途中で変わります。

・Oリングのウエイトがなくなります。ボディーのウエイトがなくなります。そしてボディーが重くなります。

・ナットの脱落防止のゴムパッキングがなくなります。

・レスポンスがレセス加工かれます。

その他にも水車転写のものや、変わった素材のものなど通常ライン以外にも色々な試行錯誤がされます。

このヨーヨーが上記の要素を全て変わり、もはや見た目は同じなのに原型をとどめていない気もしますが、完成するのは2010年の初等なので約10年の時を色々な人の知恵を蓄積し少しずつ10年間で完成したヨーヨーです。

2010年はサイズAベアリングの時代でもないので最終的に完成はするもの長い間作られた続けるわけでもなく、この後ディスコンになります。

ちなみに、フリーハンド2とかバージョン変わるとフリーハンド3なんて呼んでますが、この名称日本だけです。フリーハンドで統一で、フリーハンド1はフリーハンドオリジナルって呼ばれてます。

ヨーヨーご購入は下記へどうぞ。

ご依頼など、常時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

☆ホームページはこちら☆↓

ホームページ

http:www.yoyo-performer.com

PCメール

info@yoyo-performer.com

☆ツイッターやってます☆

https://twitter.com/

→「@ryuyakaneko」で検索!


コメントする

ハイパーワープウイング・ハイパーワープヘヴィーウイング

ハイパーヨーヨーブーも終わり、シングルハンドヨーヨーと言えばステルスレイダーという感じでもなくなった2000年初頭でも、どこかでヨメガに期待している部分は少なからず日本人ならあったはずです。その頃に出たのがコレ

ハイパーワープウイング(前期型)

見た目はステルスレイダーのキャップ部分をフラットにしたもの。

そしてステルスレイダーより重いというのがこのヨーヨーの特徴です。

このヨーヨー前期型と後期がありスペーサーの形が違います。ベアリングサイズはヨメガサイズと言われるサイズEです。

ハイパーワープウイング(後期型)

見た目の部分は変わりません。

スペーサー部分がハイパーワープのものと同じになりました。

ハイパーワープヘヴィーウイング

このヨーヨーはハイパーワープウイングを重くしたモデルです。

見た目とめ中身は、ハイパーワープと同じで中身も前期型と後期型があります。

このヨーヨーは特にすごい盛り上がりがあった!とか時代を作り上げたとかはないですが、ヨメガの1Aヨーヨーって言えばの中で名前が上がるヨーヨーです。

当時チームヨメガだったマークモンゴメリー氏は、このヨーヨーを改造して、コンテストなどに出場していました。このヨーヨーで超絶ブレインツイスターコンボをしていたのは有名です。

あと、この頃のヨメガはヨーテックのOEMが多いのでハイパーワープウイングベースのこの形でないもでるもあります。

ヨーヨーご購入は下記へどうぞ。

ご依頼など、常時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

☆ホームページはこちら☆↓

ホームページ

http:www.yoyo-performer.com

PCメール

info@yoyo-performer.com

☆ツイッターやってます☆

https://twitter.com/

→「@ryuyakaneko」で検索!


コメントする

スーパーヨーの、レネゲイドは99年の世界大会でヨコタ氏が使用しベルベットロールを決めそのあと様々な部分がアップデートされ、現在の1Aの基盤である部分の1つを作ったのは間違いないのですが、その横にラインナップとしてはあったものの当時一万円超えのメタルヨーヨーは、あまり持っている人もいなかったのでデータもあまりないのですが今日はこのヨーヨーを紹介します。

スーパーヨー サムライ

日本だと、ホーユーストア、ドリームランド、トライソフトなどで購入する事が出来ました。

アルミボディで中空です。

シェイプはレネゲイドとほぼ同じです。

レスポンスはシリコンでサイズAベアリングを搭載しています。

裏はこんな感じです。

さっき写真撮る前に少し使って見ましたがなかなか、面白いヨーヨーでした。

当時の高額ヨーヨーって所有者もあんまりいないので使い心地はどうとかって語り合うところまでもななかなか到達しないですが、今使ってみるとなかなか面白いものが多いです。ただ今のヨーヨーと比べると引き戻し文化の頃のヨーヨーなので使いやすい使いにくいって会話にしてしまうと相当技を選びます。。

スーパーヨーという歴史を作ったメーカーのメタルヨーヨーとしては非常に価値がある一品であることは間違いないです。

ヨーヨーご購入は下記へどうぞ。

<a style=”word-wrap: break-word” href=”https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/14559ad6.e0a51806.14f8660c.fe36663b/?pc=http%3A%2F%2Fwww.rakuten.co.jp%2Fyo-yo%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fyo-yo%2F&link_type=pict&ut=eyJwYWdlIjoic2hvcCIsInR5cGUiOiJwaWN0IiwiY29sIjowLCJjYXQiOiIxIiwiYmFuIjoiMjAzMTEifQ%3D%3D&#8221; target=”_blank” rel=”nofollow noopener”><img src=”https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hlb/14559ad6.e0a51806.14f8660c.fe36663b/?sid=1&shop=yo-yo&size=1&kind=2&me_id=1203028&me_adv_id=20311&t=logo&#8221; border=”0″ title=”” style=”margin: 2px” alt=””></a>

ご依頼など、常時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

☆ホームページはこちら☆↓

ホームページ

<a href=”http:www.yoyo-performer.com”>http:www.yoyo-performer.com</a>

PCメール

<a href=”mailto:info@yoyo-performer.com”>info@yoyo-performer.com</a>

☆ツイッターやってます☆

https://twitter.com/

→「@ryuyakaneko」で検索!


コメントする

ナイトムーブス

このヨーヨーは、色々衝撃でした。

まず高い。そう今でこそ一万円越えのヨーヨーは当たり前ですが、競技ヨーヨーの一万円到達した実戦的なヨーヨーは多分コレが最初のはず。SB2やスリープマシン、コールドフュージョン、侍などもありましたがコレクターズアイテムという感じで実戦的な感じではなかったです。

ヨーヨージャム ナイトムーブス

ムーブス1って日本では呼ばれてるやつですね。

一万ごえだったので、これ、一万するらしいよーって言うとイチムーブスと言われて単位にもなってました 笑

カラーもグリッターのものも沢山あり、恐らく最後まで使ってたのは日本人のアラマキ氏だと思われます。

高いから最初そこまで、使いやすいのか謎でしたが、2002年の春にブレンドデリンジャー氏が来日して使用しているのを見て多分時代はこれなんだろうなって思ったのを覚えています。

社長のシグネーチャーモデルというのにふさわしいヨーヨーであることは間違いないです。

2003年の世界大会でナイトムーブス2が出てくるので、一年ちょっとは生産されていたはずです。

ここから派生のヨーヨーも沢山あり、最高傑作であるのは間違いないと思います。

僕の中ではクリアが一番イケてると思ってます!

ヨーヨーご購入は下記へどうぞ。

ご依頼など、常時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

☆ホームページはこちら☆↓

ホームページ

http:www.yoyo-performer.com

PCメール

info@yoyo-performer.com

☆ツイッターやってます☆

https://twitter.com/

→「@ryuyakaneko」で検索!


コメントする

ミスターバーバッシュのヨーヨー

ジャグリングをやっている方なら知っているミスターバーバッシュというジャグリングメーカーのヨーヨーです。

ミスターバーバッシュのヨーヨー

すみませんこのヨーヨーの名前わからないです。ジャグリング道具を作っているメーカーは外周をゴムにするのは、やっぱり強度優先で作っているからなのでしょうか??

ちなみによこから見るとこんな感じです。

分解式なのかと思ったら圧入だったので分解できた時やべーやっちまった。。って気になりました。レスポンスは特になく若干ボディーの作りが粗いので引き戻ります。プラスチックのベアリングが入っています。

ちなみに、ミスターバーバッシュのヨーヨーアルミバージョンもあります。最近あまり見ないですが、ebayで僕は手に入れました。

ーヨーご購入は下記へどうぞ。

ご依頼など、常時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

☆ホームページはこちら☆↓

ホームページ

http:www.yoyo-performer.com

PCメール

info@yoyo-performer.com

☆ツイッターやってます☆

https://twitter.com/

→「@ryuyakaneko」で検索!


コメントする

アクエリアス

このヨーヨーの登場により1998年から一強だったバイパーが交代します。ヨーヨージム アクエリアス

2001年の年末に販売されたヨーヨーです。このヨーヨー2009年ごろまで9年間ぐらいオフストと言えばアクエリぐらいのシェア率を誇っていました。

最初のタイプ軸が細く折れやすくて試行錯誤され軸が改良されています。

アクエリ明日自体は歩留まりすごく悪いらしく、最初の一年少しで一回廃盤になります。

そのあとまた一年ぐらいし再生産がはじまります。4年くらいはそのあと生産されます。

最近ヨーヨージャムを整理してたらこの色だけこんな感じでベタついていたのでゴム部分が加水分解してこんな感じで崩れてました。もしかしたら、色々ゴムの素材も試行錯誤してたのかもしれませんね。

今でもあのフィーリングのヨーヨーはないので、使いやすい使いにくいは別として現代版のアクエリアスが出るのを少しきたいしています。

ヨーヨーご購入は下記へどうぞ。

ご依頼など、常時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

☆ホームページはこちら☆↓

ホームページ

http:www.yoyo-performer.com

PCメール

info@yoyo-performer.com

☆ツイッターやってます☆

https://twitter.com/

→「@ryuyakaneko」で検索!